空き巣被害の掃き出し窓に防犯ガラスを施工(東大阪市)- ガラス屋だより

東大阪でガラス修理・交換した中から、
気になった現場での「ガラス屋だより」記事です。

窓の防犯対策

一戸建て・集合住宅を問わず、窓からのガラス破りによる侵入が急増しています。

空き巣被害の掃き出し窓に防犯ガラスを施工(東大阪市)

空き巣被害の掃き出し窓に防犯ガラスを施工(東大阪市)

2013年05月10日 00:11 | 東大阪市でガラス修理・交換

東大阪市小若江の戸建住宅で、
掃き出し窓の単板ガラスを防犯ガラスに交換しました。

空き巣被害です。

施工前
割られたガラス

施工後
防犯ガラスに交換後

防犯ガラス
防犯ガラスマーク

嫌と言うほど空き巣被害の現場を見てきているので、解るのですが、
割れ方・方法からみて、かなりのプロの犯行です。

これだけのプロですと、セキュリティシステムに入っていようと関係ないんですね。

ガラスが単板や単板どうしのペアガラスだと、簡単に割って侵入出来るので、
駆けつけられる前に事を済まし、去っていきます。

防犯合わせガラスだと、

2枚のガラスの間に、
防犯フィルムの比ではない、厚さ60ミル(1.5mm=1500ミクロン)の特殊樹脂膜(PVB中間膜)を、
サンドイッチして、加熱圧着してますので、

写真の様な割り方は、まず不可能で、
打撃で割って突き破るにも、かなり時間がかかります。

セキュリーティシステムに防犯ガラスをプラスすると、
まさに、鬼に金棒ですね。(^^)

Facebooktwittergoogle_pluslinkedintumblr

東大阪での最近の投稿


ごあいさつ

店長

はじめまして、店長の稲田と申します。私共は、「お客様のお役に立ちたい」と、一期一会の心で、ガラス修理・交換に日々走り回っています。

東大阪で、家のガラスが割れた!割られた!ら、お気軽にお問合せ下さいませ。